暗殺教室は、2013年から週刊少年ジャンプで連載していた全21巻のブラックコメディ漫画です。

この記事では、暗殺教室1巻のあらすじやネタバレ感想、今後の考察をご紹介していきます。

※ネタバレ注意!!

文章のあらすじやネタバレじゃなくて、「やっぱマンガで読んでおきたい!」とういことであれば、U-NEXTで今すぐに暗殺教室が無料で読めますよ!

電子書籍



スポンサーリンク


暗殺教室【1巻】のネタバレあらすじ

地球外から来た生命体は、月を爆破して7割方蒸発させた。来年の3月には地球も破壊するという。

そんな地球外生命体はタコのような姿をし、知能を持ち、最高時速マッハ20で行動可能、逃げられたらどうしようもないが、椚ヶ丘中学校3年組の担任ならやってもいいという。
ツッコミどころは満載だが、成績不良で学校中から見放され差別される3年E組の生徒たちにとってはいい先生で暗殺対称。暗殺の成功報酬は100億円。期限は3月の卒業まで。

自分たちの担任の暗殺を背負った「エンドのE組」の生徒たちは「殺せんせー」の下で成長していく。「中学校」と「暗殺」のミスマッチ、それなのにかみ合っている。

松井優征ならではの異常な設定と人間心理が織りなす学園コメディ。



スポンサーリンク


暗殺教室の最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、暗殺教室のネタバレあらすじを紹介してきました。

「文字だけじゃなくやはり絵付きで読みたい!
「やっぱマンガとして絵で読みたくなった

という方におすすめなのがmusic.jpです。

music.jpであれば、30日間の無料体験があり、無料体験に登録すると961ポイントがもらえます。

そのポイントを使うことで「暗殺教室」が無料で読めます。

30日間の無料体験期間中に解約すれば、お金は1円もかかりませんので、ぜひ絵付きで読んでみたい方はmusic.jpに登録して読んでみてください。



スポンサーリンク


暗殺教室【1巻】の感想・考察

「暗殺」という一言でいえば暗く重くシリアスなテーマですが、それを殺せんせーという超生物の特性を生かしたゆるっとしたノリのブラックジョークに仕立て上げてベースの話をすすめていくのはさすが松井優征のテンポだと思いました。ストーリーはすべて説明しようとすれば煩雑になりそうなほどの設定量ではありますが、読めばするっと入ってきます。特に殺せんせーへのツッコミどころなどたくさんありすぎます。超生物なのに割と心が狭いふるまいをするところなどクスっときます。

1話1話で出てくる中学生たちの成長ぶりは必見です。特にメンタル的な成長は子供の成長速度を感じすっきりした気分になれます。一番目立たないタイプの男の子に普通の人間にはないであろう暗殺の素質があるというのも面白く感じました。殺せんせーに対する生徒側の主人公である彼・渚は今作品での成長が著しく、彼が何かをしようとするときは読者側は目を離せなくなると思います。

また人間より人間味のある性格をした殺せんせーはかわいいマスコットキャラのようですが、月を破壊するほどの力を持った超生物というのも面白いと思いました。今ではなかなかできないであろう体当たりで生徒たちに指導する姿勢も超生物だからこそなのでしょうが、いい先生だと感じざるを得ません。自分より圧倒的に格上の相手に対して暗殺を行うために捨て身になった生徒には自分が危険を冒してでも自分を大切にするように諭すシーンなどはタコのような外見をしているくせに格好いいし頼りがいがあるのです。弱点はたくさんあるのに凄すぎるスペックのせいでその弱点を突くことができないというのも読みながら笑ってしまいました。

この漫画以上に「殺す」という単語に向き合った作品はあまりないと思います。現在では頻繁に起こったことを示すためだけに使われるこの単語。重みがあるはずの言葉であるのになんだか軽くなってしまっているように感じていました。暗殺教室での「殺す」ことの技術的な難しさはただただ漫画を面白おかしく盛り立てるための材料に過ぎないでしょう。けれども精神的な難しさに関しては、ヒトの良心、モラルなども含めてかなり詰め込まれていると思います。

暗殺教室には社会的には見下されるような立場の3年E組のこどもたちをどんどん育て上げていくことの爽快さ、子供たちの精神的成長、弱者を見下すようにできている社会構造、弱者からのし上がっていくことの難しさ、人間としてのあるべきモラルなど多くの見所があります。ぜひいろいろな人に推薦したい漫画です。



スポンサーリンク


暗殺教室【1巻】のまとめ

以上、暗殺教室の最新刊【1巻】のネタバレあらすじ・感想・考察をご紹介してきました。

「やっぱ文章だけじゃなくてマンガとして読みたい!」という方は、下記の記事で無料でマンガを読めるサービスをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!

>>無料でマンガを読める方法!

 



スポンサーリンク